中小企業の社長・人事担当の方へ

人員不足による業務の過重負荷、転倒による怪我リスク、および従業員の健康問題(腰痛など)に関する不安やお悩みはありませんか?

ご存知ですか?

中小企業向け厚生労働省による”従業員の腰痛予防、転倒災害予防”に向けた補助金「エイジフレンドリー補助金」。その中で「転倒防止や腰痛予防のためのスポーツ・運動指導コース」について以下、補助金を活用した従業員の健康増進プログラムをご紹介します。

企業として従業員が健康であることが理想です

従業員を大切にして、従業員が健康であることが大切。

理想の姿とは…
限られた人員だからこそ、従業員全員が健康で離職率も低い、生産性の高い職場。
職場では安全な環境を用意し常に「事故0」を目指したい。

しかし、理想に対しての課題でこんなことありませんか?

大切な従業員の健康意識が低い

実際の課題では、限られらた人員の中でやりくりしている中で、健康被害による欠勤や離職者も出ます。


安全な環境で「事故0」を目指したいが、月に1回程度、転倒による怪我が発生しています。

職場でも同じような課題を抱えています。

厚生労働省より
50歳以上を中心に、転倒による骨折等の労働災害が増加し続けています。転倒災害は、被災しないよう労働者自身が注意することも必要となります。

厚生労働省より
令和 3 年のすべての労働者死傷病報告 から、 休業見込み日数のみを積算したとしても、
全産業で約1,200 万日の休業見込み(試算)となるります。
これは、年間(240 日)約 5 万人の労働が失われたことに相当します。
▼例えば、月給30万円の従業員が転倒災害で47日休業する場合、約2ヶ月の休業となり60万円の労働損失となります。

企業が抱える健康課題とは?

プレゼンティーズム

従業員が出勤しているにもかかわらず、健康的な問題を抱えているために業務効率が落ちている状態をプレゼンティズムと言います。
日本経済新聞の記事によると、従業員1人あたりの1年間のプレゼンティーズムによる労働生産性の損失は15%程度とされ、その損失は医療費や病欠よりも大きいとされています。企業の健康関連コストの6〜7割をプレゼンティズムが占めるとも言われています。

転倒災害

東京大学・日本臓器製薬(大阪市)調査によると、全国の成人就労者1万人(平均年齢48.1歳)を対象に、最もつらい健康上の不調や約1カ月間で症状がある日数、年収などをインターネットで調査しました。それをもとに、労働生産性の低下を金額に換算した結果、腰痛による経済損失は年間約3兆円に上ると試算されました。

従業員が健康に働くための近道は「運動」

健康増進に必要不可欠な「運動」です。

しかし、「運動しましょう」では、普段から運動を行わない無関心層は運動をしません。

我々は、その無関心層に対しての2つのプログラムを提供いたします。

【Point1】測定から、健康意識を高め、「自分ごと」として捉えられるきっかけを提供します。

【Point2】運動ができない理由の1位は「忙しいから」。職場の時間を活用した、会議室1つで出来る運動プログラムを提供します。

ヘルスチェック

【Point1】からだの状態を把握
「気づき」からの行動変容「ヘルスチェック」

10個のフィジカルに関する測定を行うことで見えてくる「体の状態」
1)実年齢とフィジカル年齢の差
2)肩・腰・脚部においての怪我のリスクを%で評価
3)生活習慣に関する問診から見えてくる生活習慣スコア
測定から体の状態を数値化・可視化することにより健康への意識を高め「行動変容」を起こすきっかけを作ります。

10 万以上のデータからケガリスクを提示するアスリート向けのフィジカルチェックから、働く人が抱えるプレゼンティーズムの3大要因となる「腰痛」、転倒に関わる「脚部」のリスクを数値化するサービスとなります。

スクエアステップ

【Point2】職場で行う運動
気軽にどこでもできる運動「スクエアステップ」

職場で空き時間に仲間と楽しく10分程度の運動を

監修:鹿屋体育大学 中垣内真樹 教授

スクエアステップは、スポーツ医学や健康体力学、老年体力学を専門とする国立大学法人の教員が連携して開発した、科学的エビデンス(根拠)に基づくエクササイズです。高齢者の要介護化予防(転倒予防・認知機能向上)をはじめ、成人の生活習慣病予防、子どもの身体機能の発達、あらゆる年齢層の体力づくり・仲間づくり、アスリートの競技力向上とコンディショニングにまで適用が可能です。日本全国、海外(台湾、香港、シンガポール、ドイツ)の団体がスクエアステップの取組みを展開しています。 

*これらのプログラムは「オフィスマッチ・モデル」をベースに構築されています。

実例動画紹介

ケガリスクを「見える化・数値化」するヘルスチェック
気軽にどこでもできる運動 スクエアステップ

導入実績・企業、自治体

企業(ヘルスチェック)

・社会福祉法人旭生会
・九州エナジー株式会社
・株式会社 三和グリーン
・南国殖産株式会社(本社・鹿屋支店)
・豊明建設株式会社
・株式会社マンボウ・サービス
・大海酒造株式会社
・ホテル大蔵
・ホテルしらさぎ
・旭信興産株式会社
・株式会社とおや
・有限会社樋渡コーポレーション
・株式会社フェスティバロ社
・株式会社みずほ商会
・ユクサ大隅

自治体・団体(ヘルスチェック)

・鹿屋市(鹿児島県)
・国立大学法人 鹿屋体育大学
・鹿屋商工会議所
・日置商工会議所

企業(スクエアステップ)

・相互信用金庫

自治体・団体(スクエアステップ)

<鹿児島県内>

鹿屋市(80団体)、垂水市(16団体)、東串良町(19団体)、

薩摩川内市(10団体)龍郷町(16団体)伊仙町(5団体)

<九州他県>

長崎県諫早市(50団体)、対馬市2団体)、新上五島町(20団体)、

時津町(55団体)宮崎県木城町(5団体)、山口県宇部市(5団体)など

「予算」の課題は!?

最大100万円補助される「エイジフレンドリー補助金」を活用できます。

「転倒予防や腰痛予防に向けた取り組みは検討しているが、なかなか予算を捻出ができない。」そんな問題に対して、厚生労働省が中小企業の「労働者の健康保持増進」に向けた補助金を用意しています。その補助金を活用しながら従業員の方の健康増進に向けた取り組みを行いませんか?

「エイジフレンドリー補助金」の詳細

2024.3.22 日本経済新聞社より

▼健康増進に向けた「転倒防止や腰痛予防のためのスポーツ・運動指導コース」

エイジフレンドリー補助金には3つのコースがあります。

今回ご一緒するのは「転倒防止や腰痛予防のためのスポーツ・運動指導コース」になります。

▼対象となる取り組み

転倒・腰痛災害防止のため身体機能のチェック及び運動指導の実施が必須となります。

労働者の身体機能低下による「転倒」や「腰痛」の行動災害を防止するため、身体機能維持改善のた めの専門家等による運動プログラムに基づいた身体機能のチェック及び専門家等による運動指導等 に要する費用を補助対象とします。 「転倒防止」・「腰痛予防」のための 身体機能のチェック及び運動指導等の実施が対象となります 。

*専門家とは・・・医師、理学療法士、健康運動指導士、労働安全・衛生コンサルタント、アスレティックトレーナー等

転倒・腰痛災害防止のため身体機能のチェック→「ヘルスチェック」
転倒・腰痛災害防止のための運動指導の実施→「スクエアステップ」

▼申請期間

5月中旬から開始予定、申請終了期間10月末を予定。
※実施報告書・支払い報告書を1月末までに提出する必要あり。

▼補助対象となる中小企業事業者の範囲

【特典】

このページからお問い合わせいただいた企業様には補助金申請サポートを行います。

「申請する時間や人員を割けない」という企業様もいらっしゃいますので、弊社がエイジフレンドリー補助金の申請サポート、報告書作成サポートをさせていただきます。

【注意】

補助金予算には限りがあるため、お早めの申請を推奨いたします。

実施までの流れ

※5月に申請をした場合のスケジュール想定となります。

気になったら、まずは。。

「見積書依頼」からメール願います。

希望人数についてお知らせください

お見積もりとサポート

いただいた情報からお見積もりを作成します(申請・提出から採択まで約2ヶ月かかります)。

【採択後】日程調整

いただいた希望日にあわせてインストラクターの手配、および時間割案をご提示させていただきます。

プログラム実施

ヘルスチェック・スクエアステップを実施します。

フィードバック

測定後のフィードバックを行います。

報告書を提出

報告書をエイジフレンドリー補助金事務センターへ提出します。

サポート企業

私たちがサポートさせていただきます。

スポーツリンクアンドシェア

〒892-0823 鹿児島市住吉町13-7-603

南国タケシタ薬局

〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町 18番地1(南国センタービル3F)

鹿児島健康経営アドバイザー協会

〒892-0823 鹿児島市住吉町13-7-603

NPO法人ウェルスポ鹿屋

〒891-2304 鹿児島県鹿屋市花岡町4518-3鹿屋体育大学 中垣内研究室

Shopping Basket