鳴門リレーマラソン
チャームブライダル

【住所】鹿児島市住吉町7-11
【営業時間】AM 10:00~PM6:30
【定休日】火曜日・第1/2水曜日(祝日は営業)

参加者・関係者の皆様へ

2022年度の鳴門リレーマラソンは新型コロナの影響により中止となりましたのでお知らせいたします。

鳴門リレーマラソンの開催を楽しみにしていただいた参加者・関係各所におかれましては何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

2022年7月20日(水)鳴門リレーマラソン実行委員会

初めての方へ

参加希望者は必ず一読ください

1)『四国初』となる国立大学を貸し切って、鳴門教育大学敷地内を走れるコースを設定。

大学を貸し切る?しかも鳴門教育大学を!ホントに開催できるの?!
いいんです!走っていい~んです!

 

2)『徳島初』のリレーマラソンを実施。

1人で走るのは無理でも1チーム5~20人の仲間でタスキをつなぐ『楽しさ』『素晴らしさ』『ワクワク感』を体感しましょう!
1周約1,055mのコースを40周(42.195㎞)どれだけ早く走れるかを競う、それがリレーマラソンです。

 

3)とにかく鳴門を体感できるリレーマラソン(のはず)

鳴門を体感していただくおもてなしをご用意させていただきます!

大会概要

参加希望者は必ず一読ください

目 的

本イベントは、鳴門教育大学キャンパスを会場及びコースとし大学のキャンパスの雰囲気を身近に感じてもらうとともに、リレーマラソンという万人向けのランナーズイベントを通じて市民をはじめとする参加者の健康や運動の意識を高めること、また、多数の人が動き集まるスポーツイベント体験を活用し、世代を超えた絆作りによる地域の活性化やまちづくり、さらには新しい観光価値の創造を図っていくことを目的としています。

鳴門リレーマラソンはこんな方におすすめです!

1)「走ることが初めて」というランナー初心者、初級者の方 →一人で42.195キロ走る必要は、ありません。もうひとつ言えば、走る必要もありません。 2)家族や親戚 →子供、パパ&ママ、ジイジ&バアバの3世代で思い出作りに! 3)友達や地域の仲間、職場の上司と部下など →みんなで一つのタスキをつなぐことで、絆が深まる!・・・かも。 4)いつもと違うスポーツに参加してみたい!というチーム・サークルのメンバー →サッカーやバスケットばかりじゃなく、たまには楽しくのんびり走りませんか? 5)鳴門の魅力をまだまだ知らない県内、県外の皆様 →この機会に是非、鳴門のことを知ってください!

概 要

1 名称:第5回鳴門リレーマラソン in 鳴門教育大学

2 会場:鳴門教育大学敷地内(約1.055kmコース×40周)

3 主催:鳴門リレーマラソン in 鳴門教育大学 実行委員会

4 協賛:アオアヲナルトリゾートうずしお海事事務所、大麻町商工会、大谷焼陶業協会、大塚食品株式会社、大塚製薬株式会社、大津松茂農業協同組合、医療法人 西條会 西條内科、里浦漁業協同組合、里浦農業協同組合、株式会社 四国シキシマパン、心幸サービス株式会社、大鳴マリーナ有限会社、徳島北農業協同組合、富田製薬株式会社有限会社 豊田商店株式会社トランスワード鳴門市うずしお観光協会鳴門市観光コンベンション株式会社鳴門商工会議所、鳴門町漁業協同組合、株式会社鳴門のいも屋、有限会社鳴美屋、日亜化学工業株式会社日本トーター株式会社日本ベンダーネット株式会社株式会社福井組ボートレース鳴門ホテル アド・イン鳴門株式会社本家松浦酒造場リゾートホテル モアナコースト(敬称略・五十音順)

5 協力:株式会社スポーツリンクアンドシェア、鳴門教育大学心身健康センター

6 後援:株式会社エフエム徳島、四国放送株式会社、一般社団法人 徳島新聞社、徳島県、徳島県教育委員会、鳴門市教育委員会、国立大学法人 鳴門教育大学、鳴門市 (敬称略・五十音順)

7 公式サポーター:うずしおくん・うずひめちゃん、鳴門教育大学大学生ボランティア

8 日程:2019年11月10日(日)(※雨天決行)
<当日スケジュール(予定)>

①入場開始:8時30分
②受付開始:8時40分
③開会式:9時30分
④スタート:10時
⑤競技終了:15時(制限時間5時間以内にゴールできなかったチームは失格)

9 種目:リレーマラソン(42.195キロ:(約1.055kmコース×40周)

※当日のコースコンディションによって変更する可能性があります。

10 競技内容:競技方法:5~20人までを1チームとし、42.195キロをどれだけの時間で走破できるかを競います(制限時間5時間)。チームメンバー全員、最低1周を走っていただきます。一人で何周走っても構いませんし、走る順序や回数も自由です。休んだ後で再びタスキを受けても構いません。さらに、本大会は、1周を二人(親子等)で一緒に走ることも可能です(注1:上限二人となります)。タスキリレーは決められたリレーゾーンで行い、コース途中でタスキをリレーすることはできません(注2:タスキは大会事務局でご用意します)。上記を守らない場合は、失格とします。

11 参加資格:独力でコース1周(約1.055km)を走ることができる健康な男女

12 参加部門と表彰:競技終了後、各部門の1~3位と、実行委員会の選ぶ各賞を表彰

【各部門】
(1)一般クラス(誰でもOK)
(2)児童混合クラス(チーム内に小学生を5名以上含む)

【各賞】
(1)パフォーマンス賞
(2)その他、実行委員会が独自に選定

(第4回大会パフォーマンス賞は「No.127 TEAM−K」「No.130 川島病院 遊走会 完走できるんじょ」でした!)

13 募集締切・募集数:9月20日(金)まで、又は先着70チーム

14 申込方法:7月19日(金)12時よりエントリー開始いたします。「申込」よりお申し込みください。必ずチーム登録(新規登録:無料)を行ってください。

15 参加費:一般2,700円(1人:税込)、大学・高校 2,000円(1人:税込)、中学生以下1,500円(1人:税込)※1チーム5~20人で構成。

16 参加賞:参加者全員にTシャツ、完走チームに完走記録証を授与します。

17 抽選会:イベント中に、チーム対象で抽選会を行います。

 

  • FIO(フィオ)

     

    母がウエディングドレスのアトリエを創り一世を風靡。

     

    その往年の有名メゾン「コロンバ」を凌ぐ人気をヨーロッパで博し、今、世界中に上流顧客を持つオートクチュールデザイナー。

     

    そんな彼女が特別に、日本人花嫁のために創るウエディングドレスの特徴はまずその素材選び。

     

    「極上」と誰もが認める素材にこだわるのは、その素材でしか出せないラインがあることを知り尽くしているからです。

     

    天使の織物と賞賛されるシルクオーガンジーと芸術品と言えるフレンチレースとの組み合わせで全世界の女性を虜にする、それがミラノ発「ロマンティックサプライズ」と呼ばれるFIOのドレスです。

    fio

  • Callie(キャリー)

     

    MODERN TROUSSEAUのデザイナー。

     

    メルボルンで育った彼女は幼いころからファッションに魅了され、デザイナーの夢に傾倒していきました。

     

    王立メルボルン工科大学でデザインを専攻し、卒業後は、オーストラリアの会社でデザイン技術を磨きます。

     

    そこで出会ったウェディングドレスのデザインに天性の才能を開花。

     

    そんな彼女のつくるデザインは“ロマンティック”“洗練”“カスタムメイド”が特徴。

     

    少女の様な可愛らしさと、エレガントさを合わせ持つ彼女のドレスは、そのバランスが絶妙。

     

    ヘッドアクセサリー、ベルト、コサージュなども自らデザインし、花嫁のドレス選びをより一層楽しませています。

    callie

  • ROSANNA PERRONE(ロザンナ ペローネ)

     

    イタリアのプーリア州にあるサンテラモ・イン・コッレで生まれました。

     

    ブライダルファッション業界に深く根付いているその小さな町で育った彼女は幼いころからオートクチュールの美しさと伝統、最先端のブライダルファッションのトレンドに囲まれ、衣装の世界に魅力を感じ自らファッションの勉強をし続けました。

     

    美しさ・優雅さの追及、オートクチュールの技術を深め、優れた能力を育んできた彼女。

     

    それらの要素がロザンナペローネというブランドを、30年間世界のトップブランドとしての地位を確立してきました。

     

    コレクションは、地中海に浮かぶ小さな島々や海、ピンクやヴァイオレット、ボルドーの野の花、その香りからインスピレーションを受け、それぞれのドレスには手作業でつけられたフラワーモチーフ、さざなみが波打つようなドレープ使いを用いて、美しく軽やかな印象のドレスが多いのが特徴です。

     

    陰影が際立つ気品あるクラシカルドレスから、滑らかなドレープで魅せるエレガントドレスまで、360度どの角度から見ても、完璧に計算し尽くされた美しいシルエットは圧巻。

     

    上質なファブリックと他にはないデザインで、圧倒的な存在感を放つ唯一無二のドレス。

     

    ウエディングドレスの持つ高揚感や、花嫁の好みを大切にしながら作るロマンチックな彼女のドレスは、日本女性のハートを釘付けにするウエディングドレス本来の華やかさがあるのも魅力の一つです。

    ロザンナペローネ

  • Victoria F(ヴィクトリア フォラボスキ)

     

    イタリア・ナポリ生まれ。

     

    家族が経営するオーダードレス店の中で型紙や高級生地・高級レースに囲まれて育ち幼い頃からファッションに興味と感性を育みながら成長しました。

     

    大学では哲学を専攻したものの、卒業後、現在の夫でもあり、ビジネスパートナーでもある、Gino Signore氏(現MAISON SIGNOREオーナー)と出会いファッション界に。

     

    彼との結婚を機に本格的にドレスクチュールを学び、独自のブランドコンセプトを構築すると共に2012年にウェディングドレスブランド【VICTORIA F.】を発表。

     

    一躍イタリアの人気ブランドに。

     

    南イタリアらしいゴージャスな素材使いが日本の花嫁にも人気をはくしています。

コース

鳴門教育大学敷地内を走ります!

鳴門リレーマラソンマップ

申込

申込規約を必ずご覧ください。

申込規約

1.万一、交通事故やその他一切の事故が発生した場合、主催者は保険に加入している範囲内及び応急処置以外の責は負えません。

2.申込後の種目変更、キャンセルはできません(参加料の払い戻しは不可)

3.過剰入金・重複入金の返金はいたしません。

4.年齢・性別の虚偽申告、申込者本人以外の出場(不正出走)は認めません。その場合出場が取り消されます。

5.会場の往復、駐車場の事故・盗難・紛失等については、主催者は一切の責を負いません。

6.地震・風水害・降雪・事件・事故・疾病・自然災害等による中止の場合の参加料返金の有無、額等については、その都度主催者が判断し、決定します。

7.大会出場中の映像・写真・記事・記録等の新聞・テレビ・雑誌・インターネット、パンフレット等への掲載権は主催者に属します。

 

参加費/募集数/締切

一般:2,700円(1人税込)
大学・高校:2,000円(1人:税込)
中学生以下:1,500円(1人:税込)

7月19日(金)12時よりエントリー開始いたします。

締切は9月20日(金)、又は先着70チームで締切

アクセス

Shopping Basket